パーマPERM

パーマの歴史など

各メーカーが毎年のように季節ごとに新しい機材を競うように発案していて、色々なパーマのデザイン、パーマ薬剤・機器、パーマのロッドなど、まだまだ進化し続けていますが、どのような歴史が基礎となって現代に繋がってきているのか、皆さんご存知でしょうか?!

時は遡り

エジプト紀元前!!髪の毛に湿った土を塗って(?!)今のロッドのかわりに木の枝に巻きつけ、自然の太陽光線で乾燥させウエーブをだす!それをパーマというのかは微妙ですよね...おもしろいので前置きしてみましたが

さて、少し時代が飛びまして、明治時代に入るとフランスのパリでは、<マーセルウエーブ>という、パーマというよりも<ウエーブ>のはじまりでしょうか。フランスといえば(時代もずれますが)わかりやすい所で、マリーアントワネットを映画で現代風に見やすく表現されていましたが簡単にいうとあんな感じ(笑)!
まだまだウエーブは続きますよ~~
大正時代、アメリカで<ネッスルウエーブ>。それらが昭和初期やっと日本に<パーマネントウエーブ>として入ってきました~~!!
こうして日本の美容室のメニューに加わったパーマは、皆さんがよくご存知デジパーの原点である、電気パーマから始まり、薬剤・機材などが進化し、デジタルパーマ ・ ホットパーマ ・ 水パーマ ・ ロボパーマ(いったいいくつ名前あるんですかね...)
ロッドも、樹脂ロッド⇒網ロッド⇒エバーロッド⇒マイナスイオンロッド⇒パーマ液臭減少ロッド。
形も丸い物ばかりではなく、円錐・楕円形・U字型・T字型等、色々と、年月をかけて移り変わり、ウエーブが出ればいい!チリチリのパーマを持たせる!という時代が終わり、ファッション性、経済性、再現性そして安全性が優先され現在にいたったということです。

パーマの種類

今、皆さんに一番なじみのあると思われるデジパー(デジタルパーマ)等の<形状記憶パーマ>ですが、デジパー以外にも、先ほども御紹介しましたが、ホットパーマや水パーマ、その他コスメパーマ・マイクロパーマ・マトリックスカール・・・本当にたくさんあります。

そこで、TAKASHI美容室では、形状記憶パーマの中で

*縮毛矯正パーマ

を取り入れています。お客様自身が、求めるデザイン・髪質からのお悩み、スタイリングの仕方、皆さん一人一人違いますよね?そこで、「では今日はデジタルパーマをかけましょう!」と、いってもお客様のお悩みに、きちんとお答えして、最終デザインを、御理解して頂けるのか?その為に、お客様とのカウンセリングの中から、すべてを形状記憶パーマひとくくりにするのではなく、施術パーマを色々とミックスし例えば・・・

<円すいミックスロッドパーマ>で不規則な動きをつけて+<フィルムパーマ>で襟足のカール

<ロッドパーマ>でトップの動きをつけて+<楕円ロッドパーマ>でシャープなウエーブets・・・

このように、お客様が必要とするパーマ、似合うパーマ、お手入れ(スタイリング)しやすい(再現性)を提案して、あなた一人だけのパーマを作ってみませんか!?

幅広い層のお客様のデザインに対応できます。パーマをかけてフェミニンにエレガントに、カジュアルにストリートに・・・挑戦してみませんか?是非一度お試しください!

TAKASHI美容室 for Girls

TAKASHI美容室 for Girls

ヘアスタイルギャラリー

まとめ髪アップ講習