講習について

講習について


講習を受けられる方
 ヘアショー、講習などでのデモンストレーションを見ると、5分~10分程度で、まとめ髪、セットアップを仕上げている姿を目にすると思います。5分~10分の中に何がつまっているのか?演出、ステージの目的、モデルの衣装、メイク、ヘア・・・ハード面はたくさんありますが、ソフト面から考えると、毛先のカールの大きさ、毛流れボリュームなど、アウトラインの綺麗さなどが目に入ります。表面に出るカール、ボリュームの中には何があるでしょう。骨格があり、頭皮があり、根(土台にピンを止める位置、ボリュームのポイントをまとめる位置)があります。次に、面、ライン、毛先と続きますが、短時間で綺麗な仕事をする場合一番重要なのは下地作りです。適した髪質を下地作りでどう作るかも大切なことだと思います。

皆様のお話を聞くと、一番多いのはお客様からの要望(ジュニアスタイリストからスタイリストの方)、次にベテランスタイリストの方の、技術に行き詰まり、デザインの幅が広がらないなどお悩みがあるようです。

ドレスのまとめ髪はできるけど着物のスタイルが・・・
覚えたいけど、店の練習会にはアップがない・・・
開店準備で最終仕上げに覚えたい・・・
それぞれ立場は違っても、受講をお考えの方たちの目標、目的は同じように思います。

柔らかなデザインを感覚で作り、一か月後、このデザインをもう一度お願いされるとできない、こんな経験はありませんか?
今と一か月前の自分自身のメンタル、体調、感覚の違い、お客様の髪質、長さなどの違い、湿度、室温、お客様に向かう気持ちは同じでも、デザインに変化が表れてきます。
しかし、基本的な理論、基本スタイルのパターンを数パターン覚え身につけていることで再生は可能になりやすく、リピーターのお客様を増やすことができると思います。
基本のパターンのデザインを崩していき、柔らかな丸さ、品格、色気、かわいらしさ、そして各自の感性を加えることで、あなたしかできない個性のあるデザインつくりができてきます。

大切なのは、基礎であるブラシ、ピン、コーム、手、指の動作、立ち位置、などをしっかり身につける事、そして基本のパターンを5~6通り覚えれば、ほとんどのお客様に向き合う事が出来てきます。
カット・カラーなどでお客様に入り1~2年の方で3~4パターンを覚えた方でドレス、洋装のまとめ髪を作り上げることができる方もいます。着物のパターン4~5通り覚えた方は、古典的な仕上げもできる方もいます。
しかし、難しいのは、髪質、毛流、又はアップ、まとめ髪に慣れているお客様への対応は5パターン以上覚え経験を積むことで乗り越えられるように思います。

アップ、まとめ髪とは何か?
基礎、理論、伝統、文化、地域性、実践ですぐ使える・・・・アップ、まとめ髪講習。

大人数の講習ではありません。少人数1~3名様のマンツーマンで講習をお望みの方。アップ、まとめ髪講習を初めて受講してみたい。手始めにバックの夜会だけでもあげてみたい・・・わかりやすくお伝えいたします。


TAKASHI美容室 for Girls

TAKASHI美容室 for Girls

ヘアスタイルギャラリー

まとめ髪アップ講習