薄毛さん、脱毛さんたちの駆け込み寺

各脱毛症の原因と対策・治療

【女性男性型脱毛症(びまん性脱毛症)】=FAGA

〈原因〉

・加齢

・ストレス

・ダイエット(食事制限)

・ピルの服用

・過度のヘアケア

・閉経前後の女性ホルモンの減少(ホルモンバランスの乱れ)

・自己免疫疾患

・動脈硬化からの影響

〈治療〉

・大豆イソフラボン、良質タンパク質、ビタミン類の野菜の摂取

・ミネラル豊富な昆布、わかめの摂取

・血行促進

・抗炎症

・毛母細胞の活性

・漢方(育毛トニック、専門医に相談など)

※プロペシアは注意が必要

※加齢、更年期障害から女性ホルモンの減少

妊婦になってからのホルモンバランスの崩れが多く、髪の毛が細くなり密度がなくなる薄毛

【若年性脱毛症】

〈原因〉

・ストレス(人間関係、心的な不安)

・男性ホルモン(ホルモンバランスの乱れ)

・内臓機能疾患

など

〈対策〉

・若い脱毛の場合は、内臓機能疾患の可能性があるので、心療内科のある病院で診てもらいましょう

※7~18才の脱毛は、集団生活のストレス、思春期などでの環境ストレスが原因。成長期での食事など原因はいろいろあり、抜毛症・円形脱毛症など、この時期での症状は心療内科専門医へのご相談をおすすめします。

【男性型脱毛症】=AGA

〈原因〉

・加齢

・遺伝性

・頭皮の緩みがなくなる

・ストレス

・夏バテからの衰弱

・ヘルメット、帽子類の影響

・5αリダクターゼの影響(ホルモンバランスの乱れ)

など

〈治療〉

・生活環境の改善

・血管の拡張(血行促進)

・毛母細胞へに栄養(グルコース、フルクトースなど糖類、その他多数)

・発毛因子への栄養

※遺伝、男性ホルモンの増加が原因の事が多い

※Ⅰ型は側頭部、後頭部が薄くはげてくる

Ⅱ型は前頭部、頭頂部が薄くはげており、大多数を占める

【脂漏性脱毛症】

〈原因〉

・脂肪過多の食生活

・生活環境の乱れ

・シャンプーリンスが合わない

・すすぎが不十分

など

〈治療〉

・食生活の改善(野菜中心に)

・丁寧なシャンプー、すすぎ

・規則正しい生活

・枕カバーを清潔にする

※頭皮に必要のないものが付いているとき、排除しようと皮脂が分泌されべたつく

【粃糠性脱毛症】

〈原因〉

・シャンプーのしすぎ

・ビタミン、ミネラル不足から頭皮角質に異常

・偏った食事

・ホルモンバランスの崩れから頭皮常在菌に異常繁殖

など

〈治療〉

・食生活の改善

・刺激の少ないシャンプー(自然派)を使う→炎症を悪化させないようにする

・ビタミンB群、食物繊維の多い食材

・ステロイド

※ステロイドは、すぐに治ったように感じやすいが、完治するには時間がかかり、症状が慢性化すると治療困難になるので注意

※フケだけのときは重視しないことが多いが、抜け毛が始まる前に対処していく

【けん引性脱毛症】

〈原因〉

・ゴムなどで髪を結ぶことでの引っ張りすぎ

〈対処〉

・引っ張り過ぎない

・止める位置を変える

・ブラッシング、トニックなどで血行促進

【分娩後脱毛症】

〈原因〉

・出産後のホルモンバランスの乱れ

・女性ホルモンの働きが増加、毛周期の狂い

〈治療〉

・時間経過

※授乳を終える頃自然と治る

※個人差はあるが、6ヶ月~1年で自然と治る

【円形脱毛症】

〈原因〉

・はっきりした原因を見つける事は難しく、ストレスがほとんど

〈治療〉

・ストレスの解消

・精神安定剤の服用

・ミノキシジル含有トニック

・フロジンエキ含有トニック

・グリチルリチン酸含有トニック

・セファランチン(タマサキツズラフジ) 含有トニック

・糖質コルチコイドホルモン ステロイド、塗薬、飲み薬

・アルブミンタンパク質  含有トニック、塗り薬

※ほとんどの円形は半年ほどで治りますが、早めの処置、専門医での薬で3~4ヶ月と早くに治ることがあります

※円形脱毛症の場合、すぐに治ってしまう症状か?難治性の症状かは初期の時は私達では判断できないので皮膚科、専門医に相談が必要

※難治性     アトピー体質か他の病気、合併症の可能性あり

*不整局面型 頭髪の生え際が帯状に脱毛。円形、楕円形ではなく不規則な形で広がる。まつげや、眉毛まで広がる

*全頭型      ほとんどの毛が抜けてしまう

*汎発型      頭髪とともに全身の毛が抜けてしまう

 

 

PAGETOP
Copyright © スキャルプ相談室 TAKASHI美容室 All Rights Reserved.